無職でも借りられる方法はあります

<スポンサーリンク>

無職でも借りられる方法があるのか不安になっていませんか?

会社が倒産して失業やリストラにあいますと安定した収入を得られなくなりますので、金融機関からの借り入れはほぼ無理となってしまいます。

なぜなら、金融機関はお金を貸すならば、貸し倒れにならないことが最大のポイントとなります。

金融機関はお金を貸すことによって利子を受け取ることができるの、それを利益とします。

貸したお金を返済する見込みのない相手に貸すことは絶対しませんし、貸し倒れになってしまったら負債を抱えることになってしまいます。

そのため、お金を貸す相手を慎重に選びますし、返す見込みのない相手とわかれば問答無用で拒否します。

それでは無職だとお金は借りられなくなってしまうのか?
無職になって、どうしてもお金が必要になった時はどうすれば借りられるのか?

無職だけど働いていると嘘をついてお金を借りることはできないのか?

会社を退職するのでもうじき無職になるけど準備しておくべきことはあるのか?

このように、無職になってお金が簡単には借りられないということになりますと様々な不安が押し寄せてくることでしょう。

ここでは無職になってしまったとき、上記の疑問を解消するために解説していきます。

無職でも借りれる方法も紹介していますので最後までお読みください。

そもそも無職とは?

無職とは一般的に仕事がない状態のことを言います。この定義ですと仕事をしていない学生も無職に当てはまりますが、仕事に就く前の準備期間でありますので、ここでは除外します。

無職でで共通しているのは働くことによって収入を得ていないということです。

カードローンを借りられる無職

無職ですとカードローンは利用できないのが原則です。しかし、無職であっても年金受給者や専業主婦は利用できるカードローンがあります。

年金受給者ですと月々定期的な収入があるとみなされます。専業主婦も安定した収入を得ている配偶者がいることが担保となりカードローンを利用できます。

ただし、専業主婦の配偶者が無職の場合はカードローンを作ることはまず不可能です。

また、年金受給者でも年齢制限があり66歳未満までしか利用できないカードローンもあります。年金受給者がカードローンを利用できるのは限定的というのが現状です。

無職でも借りられる方法

無職で収入がないとカードローン、 キャッシング、消費者金融などの金融機関からお金を借りる事はまず不可能となります。

しかし収入がないからこそお金が必要になるでしょうし、それも緊急に必要ということになるでしょう。

そこで無職でも借りられる方法について検証しました。

親兄弟、知人に頼る

身近な人にお金を借りることは抵抗があるかもしれません。今まで良好な関係を築いていたとしても、お金の貸し借りによって関係が壊れてしばうケースも多々あります。

しかし、お金がなければ生きていけない状況にあったとしたらなりふり構ってはいられません。

本当にお金に困っているならば、信頼できる身近な人に相談しましょう。

お金を貸してくれる相手が見つかりましたら、 少額であったとしても 借用書は絶対に作成しておきましょう。

借用書があることで返済する覚悟ができますし、お金を貸してくれた相手にとってお金を貸した証拠となります。

お金を借りことができましたら、返済するために収入が必要となりますので、日雇いのバイトでも派遣でもいいので必死に働いてお金を返すようにしましょう。
クレジットカードのキャッシング枠
無職になるとクレジットカードを新たに作れなくなりますが、所有していたクレジットカードは無職になったからといって返還を求められません。

クレジットカードを所持しているのでしたらキャッシング枠を利用できます。

借りられる額はさほど大きくありませんが、審査の必要もなくお金をすぐに借りることができます。

ただし、借金であることには変わりませんし金利は高いです。出来る限り繰り上げ返済するなど、すぐに完済できるようにしておかなければ、借金の額も増えてしまうますので注意が必要です。

金融機関に借り入れを申し込むときに働いていると虚偽申告したら

無職なのでお金をどこも貸してくれないので申し込みの際に働いていると虚偽の申告をしてしまおうと、お金が必要なあまり考えてしまうかもしれません。

働いていることにしておけばお金を貸してくれると考えているのであれば、それは大きな間違いです。

カードローンの審査は厳密に行われます。金融機関は貸倒れを防ぐために、返済見込みがない相手にはお金を貸すことはしません。

審査では在籍確認を行いますので申告された勤務先に連絡をして、申し込んだ本人が在籍しているかを調べます。

虚偽の申告をしてもばれてしまいますし、もし在籍確認を怠って運よく借りることができたとしても、虚偽がばれてしまえば契約を解除され一括返済を求められます。

無職になってしまうまえに備えておく

日本経済は不安定な状態が続いていますので、いつ今働いている会社が倒産したりリストラに合うかわかりません。

だからこそ今のうちに貯金をしておくこと、働いているうちにカードローンを契約しておきましょう。

無職になっても蓄えがあったりお金が借りられる状態にあったりするだけでも先の見通しが立ちます。

無職にならないことが最も良いですが、最悪の事態になっても慌てることなくいられるよう備えをしっかりしておきましょう。

<スポンサーリンク>

Posted by admin