レイクなら無職でも借りられるのか検証

レイクからは無職でも借りられるのかを検証しました。

無職ですと収入がありませんから、生きていくために一刻も早く仕事を見つけて収入を得られるようにしなければなりません。

しかし、生活していくためにお金は必要ですし、職探しをするにしても資金が必要なこともあるでしょう。

それに消費者金融から借りたいと思っても総量規制によって年収1/3を超える貸付を消費者金融はできなくなっています。

無職で収入がなければ当然貸してくれる消費者金融はありません。それはレイクであってもです。

お金を貸しても返済ができなくなってしまえば貸した側は利益を得られず負債を抱えてしまいます。

無職で収入がないと返済できなくなってしまう可能性が高いですから、そのような人に対して、わざわざお金を貸すようなことをすることは自分で自分の首を絞めるようなものです。

収入がない人にお金を貸すわけにはいけないことが、これでわかるのではないでしょうか。

ただし、無職であってもレイクからお金を借りられる可能性があります。

専業主婦

本人が働いてなく収入がない専業主婦でも、安定した収入を得られる職業についている配偶者がいるのでしたらレイクの審査に通る可能性があります。

消費者金融は総量規制の対象となるため専業主婦は収入がないため利用できませんが、レイクは総量規制の対象外となる銀行カードローンです。

そのため、配偶者の収入証明書を提出し安定した収入が得ていると審査で認められれば、レイクから借りることができます。

年金受給者

年金受給者でも借りられる可能性もありますか66歳未満と年齢制限が設けられてるケースもありハードルは高くなります。

年金とは別に収入を得ているのであれば申し込み可能な消費者金融は多いです。レイクでは年金収入だけでも審査が通っているケースがありますので、審査に申し込んではいかがでしょうか。

ただし年金受給者に関係なく高齢者がレイクに申し込む場合、審査は厳しくなるとされています。

年齢が高いほど貸し倒れリスクが高くなりますので、損失を防ぐために審査を厳しくしています。

また、審査に無事通過したとしても利用限度額が希望額に満たないケースが多いですので、高齢者の貸付はハードルが高くなっています。

無職でアルバイト・フリーターなら

アルバイト、フリーターでもレイクから借りられる可能性があります。安定した収入があると認められれば審査は通過します。

ただし、審査を通過するためには希望限度額には特に注意を払わなくてはなりません。先ほど説明しましたようにレイクは労働規制対象外ですので年収1/3を超える借り入れも可能となっています。

しかし、アルバイトフリーターは一般社員と比べて収入が少ないため利用限度額が低めに設定されています。

年収に対して希望限度額が大きすぎると、返済の見込みがないと判断され審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

いずれにしても分不相応に借金をしてしまいますと、返済が難しくなってしまいさらに借金の額を増やしてしまうことになってしまうかもしれません。

ですのでレイクで借りるにしても計画的に返済できる範囲内の金額に留めておくようにしましょう。

まとめ

安定した収入を得られない無職である場合にレイクから借りられる可能性はほぼありません。

無職であっても借りられるのは限定的ですし、どうしても借りたいと言うのであれば安定した収入を得られる状態にならなければなりません。

借金をすれば返済しなければなりません。収入がなければ返済できないということですから、いずれにしても収入を得るために働かなければなりません。

安定した収入を得られるよう一刻も早く仕事先を見つけていただきたいと思います。

仕事が見つかって安定した収入があればレイクから借りることができますか、借りる時でも返済できる範囲内にしておきましょう。