10万円を借りることは無職でも可能なのか?

10万円が今すぐ必要になったけど借りる当てがないし、それに無職だから消費者金融や銀行カードローンは貸してくれないだろうから、どうすればいいのだろうか…

10万円以上のお金を借りたとしても借りたお金を返済しなければならないのは当然です。

返済したくても無職で収入がなければ、返せなくなる可能性が高いですから、わざわざそんな相手に貸してくれる人はよほどの無償の愛を持っている人でしょう。

無職だから誰も貸してくれる相手もいないのだから、消費者金融と銀行ローンなんて門前払いだろうと考えるでしょう。

しかし無職だから絶対に審査が通らないかといえば、その答えはノーとなります。

無職でも審査が通るには

銀行の融資ですと無職だと間違いなく審査は通らないです。ただし、クレジットカードやカードローンのキャッシング枠ならば、審査が甘いため通る可能性がゼロとは言い切れません。

審査の条件に無職は絶対にダメだと書いてないのであれば、審査が通る可能性があるということになりますが、実際に収入ゼロと記載して申し込めば審査には通りません。

それでも無職でも生活しているわけですし、親から援助を受けて生活していたり、在宅ワークで収入を得てる人もいます。

収入はあくまで働いたことによる対価になりますので、生活保護の受給は収入とは認められません。

少額の収入であっても毎月安定した収入を得ているのであれば、その範囲内で返済可能と認められれば審査が通ることがありますし、10万円以内の少額融資であれば審査は通る可能性がさらに高くなります。

また、カードローンの審査で50万円以内の借り入れなら収入証明書が必要がないことが多いです。

収入証明書が必要がないということは、その収入がどのような仕事によって得ているかは詳しく審査されません。

少額融資の場合は収入や仕事内容について詳しく審査されないので、虚偽の申告をしても審査が通ってしまう可能性もありますが、虚偽の申告はしてはいけません。

虚偽の申告が金融機関にバレてしまえば契約が解除されますし、一括返済請求されてしまいます。

今後の借入もできなくなりますので、たとえ無職だからといって虚偽の申告することだけはやめておきましょう。

返済が出来なくなってしまったら

10万円を借りることができても返済することができなくなってしまった場合どうすればいいのか説明します。

返済できなくなってしまったら返済が遅れることを金融機関にまず報告することです。

金融機関にとって最も回避したいのは返済が出来なくなってしまい自己破産されてしまうことです。

貸し倒れになるよりは月々の返済額を減らしてでも返済を続けるようにしてくれます。

返済が遅れることを知られてしまったら、一括返済請求されるのではないかと不安に思うかもしれませんが、返すあてがない状態で一括返済請求しても貸したお金が返ってくる見込みがないことをは金融機関も重々承知しています。

金融機関が対処してくれた場合でも利息はしっかり払い続けましょう。利息を払うことによって返済期間を長くしてもらい、月々の返済額を軽減してもらいます。

可能であれば借金を一本化することで月々の返済額の負担も少なくすることができます。

返済ができなくなったとしても返済する意思を伝えることで、金融機関は借りた人の現状に応じて対処してくれます。

ですので返済ができなくなったからといって逃げてしまうのが最も避けるべきこととなります。

たとえ10万円の借金でも返済しなければ利子が増えるで遅延損害金が発生しますので返さなければいけない借金の額が増えるだけです。

最後に

借金をしなくて済むならそれが1番好いのですが、どうしてもお金が必要になることはありますよね。

だからこそ借金をしたら返済できるよう準備しておきましょう。もし返済できなくなっても金融機関に相談するなどして最善の方法を選択してください。