銀行からお金借りることができない無職のための支援制度

銀行はお金借りるには審査がありますし、審査は厳しく行われますのでハードルが高いです。

ただでさえハードルが高いのに無職ですと安定した収入がありませんので審査に通ることは不可能です。

銀行は利益を得ることによって成り立っているので返済できなくなる可能性が高い無職を相手に貸してくれるボランティアではないのです。

銀行ではお金を貸してくれない無職でも、銀行以外からお金を借りる方法はあります。

国が行う公的支援制度を紹介しますので、生活に困窮していてお金が必要な方は参考にしたいいただきたいと思います。

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度は平成27年4月から始まりましたので、比較的新しい制度となります。

窓口は全国の都道府県の役所に設置されていますので、 現在住んいでる地域で相談することができます。

名前の通り生活困窮者を支援する制度ですが、働きたくても働くことができず住む場所がないなど今まさに困窮状態にある人を支援してくれます。

相談窓口では専門の支援員が、その人の困窮状況に合わせた支援プランを設計してくれます。

支援員は様々な専門機関と連携していますので、生活困窮を抜け出せるよう効果的な支援を行っています。

生活困窮者は今住む場所がないことも多く、そういった人たちには住宅確保給付金の支給を行っています。住む場所を確保することで就職活動を行うことができます。住居を持たずネットカフェを転々しているのでしたら住所不定となりますので職探しをする上で大きなマイナスとなってしまいます。

住居を確保してこそ最低限の生活ができるようになるのです。そこで生活支援のために必要な生活費を最初12ヶ月間に月10万円までの貸付が行われます。

仕事を見つけて収入が得られるよう技術ために就労支援も行っています。6ヶ月~1年のプログラムが用意されています。これは就労能力を身につけることができ自立できるサポートとなります。

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度にあります職業訓練受講給付金は、ハローワークが支援する職業訓練を受講をする場合に職業訓練の生活を支援する給付金です。

給付金を受給するには条件を満たさなければいけませんが、 職業訓練受講給付金は月額10万円、職業訓練を行う場所から自宅から離れている場合は通所手当を受け取ることができます。

アルバイトでもいいので収入を得ること

銀行からお金を借りる以外の方法として公的支援制度について説明しました。

無職で収入が無い状態であっても支援を受けられますが、会社が倒産したりリストラされたりしたことで無職となってしまったらアルバイトをさがしましょう。

アルバイトの報酬がたとえ少額であっても収入が得られますし生活を送れるようになります。

アルバイトでの収入が安定した収入と認められれば消費者金融もの審査が通りキャッシングができるようになります。

職探しをするにも何かとお金が必要になることがあるでしょう。それに生きていくためにはお金がなければなりません。年齢もかなり過ぎているから今更アルバイトするのは恥ずかしいと思っているのなら、そんなプライドは捨て去りましょう。

生きていくためにプライドというものは時として邪魔となるものです。消費者金融でも融資可能の条件を見ればフリーターでも融資可能というところも多いです。

アルバイトであっても安定した収入を得られるのであれば、消費者金融は返済可能だと判断し、お金を貸してくれます。お金を貸してくれる所は銀行だけではありません。

それに借金をしたら返済しなければいけません。返せなければ自己破産すれば良いと考えるかもしれませんが、自己破産するにも費用が必要となるのです。

生きていくために今すぐ行動してください。その行動が未来へと繋がりますので、勇気ある一歩を踏み出していただきたいと思います。