無職でも借りられるカードローンはあるわけがないのか

無職でも借りられるカードローンを探したとしても見つからないのが現実です。

審査の段階で安定した収入がないと返済できないと判断されてしまえば、お金を貸してくれる金融機関はありません。

総量規制の制限がある消費者金融は収入がない無職ですと貸付を行うことはありません。

総量規制の対象外の銀行は、消費者金融以上に審査が厳しいですし、少額の融資でも収入がない無職を鼻から相手にはしません。

そもそも担保となる財産があるなら、無職になってお金を借りる必要もないでしょう。

無職でも借りられるカードローンを利用している人は、何らかの手段で安定した収入を得ている人です。

アルバイトであっても安定した収入を得ていると判断され審査が通るカードローンもあります。

無職でカードローンを借りるにはアルバイトをすることが解決策となります。

アルバイトで安定した収入を得ることで

アルバイトで働いてる実績を作り、給与明細の数ヶ月分を収入証明書として申請すると審査に通る確率は高くなります。

カードローンなどお金を貸してくれる金融機関は、現在の収入だけで判断しているのではなく、年収が少なくても継続して働いているかどうかを重要視します。

借金返済が長期になる場合に、継続的に支払いを続けられるかが重要となります。

勤続年数は支払いを続けられるかど基準となりますので、働き続けるこことができるアルバイト先を見つけるのがベストです。

アルバイトをしてカードローンの審査が通ったとしても限度額は低いです。希望額よりもかなり低い金額の融資額となる可能性も高いです。

アルバイトでも安定した収入を継続しているのであれば、それが信用となって限度額が上げていくことができます。

無職でも借りられるカードローンを血眼になって探すよりも、アルバイトを探しましょう。

カードローンを借りられるのは働いて収入を得られるから、その信頼によってお金を貸してもらえるのです。

もし無職でも借りられるカードローンがあるとすれば、よほど審査の精度が低いということになります。これでは金融機関としての信頼をできません。それようなところからお金を借りること自体危険なことになります。

無職でも借りられるからといって借りてはいけない

消費者金融では総量規制のため前年の年収の1/3以上の額の融資をすることはできない法律となっています。総量規制額以上の額を貸し付けた場合は消費者金融が罰せられてしまうのです。

総量規制が定められる前は安定した収入がなくても不動産や株などの担保をあることで高額の融資を受けることができました。

しかし、総量規制のため安定した収入がないと借入ができなくなってしまったので、無職では消費者金融から借りることは難しくなっています。

もし無職で収入がないのに、お金を貸す代わりに担保を要求するのであれば、それは間違いなく非合法の闇金です。絶対に闇金からはお金を借りてはなりません。

闇金は非合法ですので法律を守りませんし、 勝手にに支払日を変更するなどして利子を増やしたり、遅延損害金を増やしたりして債務者のお金を奪い続けます。

闇金が無職でもお金を貸すのであれば、本人から返済ができないことはわかっています。

本人が返済できなければ家族にも取り立てを行うことで、貸したお金を絶対に返済させようとします。

借金の返済は本人以外のたとえ家族であっても取り立てることはできませんが、非合法のヤミ金にとっては関係ありません。

法定以上の利息を請求しますし、泣き寝入りして払い続けることになれば、最初に借りた金額の数十倍もの金額を返済し続けなければならなくなります。

いずれにしても借金はしないでおくに越したことはありません。それでも借金が必要であれば計画的に返済できる額にするよう、余裕を持って借金するようにしてください。

くれぐれも借金で人生を棒に振らないでください。