無職が即日お金を借りることができるのか?

無職なのに即日お金を借りることができる情報があったとしたら注意が必要です。うまい話には必ずウラがあります。なぜなら無職が銀行や登録貸金業者の消費者金融から即日お金を借りることはまずムリだからです。

銀行のカードローンは、たとえ安定した収入がある公務員やサラリーマンでも審査に数日を掛けて返済可能なのか調べます。それなのに安定した収入がない無職が即日お金を借りることができるとしたら危険な話です。

では、消費者金融はどうなのか?「安定した収入のある20歳以上の方」を申込条件にしているため、無職の人は門前払いされてしまいます。

消費者金融も総量規制があり年収の1/3までに融資額を制限する法律があります。これは貸しすぎを防ぐためですが、無職ではそもそも収入がありませんので、消費者金融からは門前払いとなります。

お金を貸したとしても、収入がなければ返済の見込みがありませんから、金融機関の審査に通過することは不可能なのが現実です。

それでも、無職だからこそ今すぐお金が必要で、即日お金を借りることができなければいけない不測の事態が起きるかもしれません。

そこで無職でもお金が借りられる方法を紹介します。親や知人からお金を借りるような方法ではなく、金融機関からお金を借りる方法ですので、最後までお読みいただければと思います。

銀行のカードローン

収入のない専業主婦は無職となりますが、安定した収入がある配偶者がいれば利用できる銀行のカードローンがあります。確実にお金を借りられる保証はありませんが、限度額をできるだけ少なめにすれば審査にとおる確率が高くなりますので、参考にしてはいかがでしょうか。

担保ローン

消費者金融は無担保ローンなので、返済する担保とみなされる収入がない無職ではお金を借りることが出来ません。
無職の人でも担保となるものがあれば、消費者金融以外の金融機関からお金を借りられる方法があります。

定期預金を担保にする

銀行に定期預金の口座があれば、定期預金を担保にしてお金を借りられます。預金はお金を預けることだけではなく、担保に入れることができます。

定期預金を担保にする詳細と手続きは、銀行が相談すれば説明してくれますので、融資額を含めて相談してみましょう

不動産を担保にする

土地家屋の不動産をお持ちでしたら、不動産担保ローンでお金を借りれます。

担保がありますので低金利で高額な借入もできますが、返済できなくなれば担保にした不動産を差し押さえられ財産を失ってしまいます。返済できない時のリスクは大きいことは忘れないでください。

生命保険を担保にする

現在、生命保険に加入している人は、積立金を担保としてお金を借りる手段もあります。これは契約者貸付という制度です。契約している生命保険の解約したとき返戻金を請求できるのですが、この返戻金を担保にして生命保険会社からお金を借りられます。

生命保険会社や生命保険の種類によって違ってきますが、解約返戻金額の70~90%の範囲内が借りられる金額となります。

違法業者からは絶対にお金を借りてはいけない

インターネットや街中の張り紙などで、「無職でも即日融資」という広告がありますが、これは合法の消費者金融ではありません。

合法の登録貸金業者である消費者金融は、収入のない無職には貸すことはありませんし、まして即日融資なんてありえません。

ヤミ金の金利も利息制限法で定められている上限年利18%を守りませんので、法外な利息を請求されます。

取り立ても厳しく、返済するまで精神的にも追い込みますし、さらに別のヤミ金から借入れするよう迫られたり、家族や親族に返済を肩代わりさせるよう強要したケースも数えきれないほどあります。

どんなにお金が必要であったとしても、絶対にヤミ金には近づかないでください。