無職がキャッシングで即日融資を受けられるのか検証

無職でも即日融資を受けられるキャッシングがあるのか検証してきたいと思います。

消費者金融のキャッシングは無担保ローンですので安定した収入の見込みがない無職であれば審査が通ることはまずありません。

また派遣会社に登録はしているものの実際に労働収入を得ていないのであれば、こちらも審査に通ることは厳しいでしょう。消費者金融は安定した収入が継続的にあることが審査条件としています。

即日融資可能というキャッシングのチラシがポストに入っているかもしれませんが、そのような融資を受けられるのは闇金業者など非合法の貸付になりますので、そんなキャッシングに手を出すことは絶対にやめておきましょう。

無職でどうしてもお金が必要になるのでしたら、国の公的制度である社会福祉資金制度があります。

生活に困窮していて経済的支援を受けられない人に対しては、緊急小口資金を利用することができる場合があります。

社会福祉資金制度の窓口は役所となっていますので、緊急の必要があるのでしたら、お住まいの地域の役所の窓口に今すぐにでも相談してみてください。

無職でも株式投資や不動産収入がある場合

無職でも株式投資や不動産の家賃などの収入があれば、安定した収入が継続的にあると認められ審査が通り借り入れできる可能性もあります。

しかし、審査の職業欄に無職と書けば審査に通過することはまずありません。不動産の家賃や株式投資の収入が安定収入で継続的で認められるよう、収入証明書が求められます。

収入証明書となる書類としては確定申告書の写し、 住民税の課税証明書などを用意しておく必要があります。

担保を入れて借り入れ

消費者金融のキャッシングは無担保ローンですが、銀行では担保を入れれば無職であっても借り入れを受けられる場合があります。

不動産を担保に入れる不動産担保ローン、自動車を担保に入れる自動車担保ローンがあります。

金融業者が担保に入れる資産の価値を査定し、その査定額に応じた金額を借り入れられるというものです。

不動産担保ローンは金利が安く、返済期間を選べるメリットがありますか、 不動産価値が下がるというリスクによって担保価値が下がってしまった場合は追加担保を要求されるデメリットがあります。

自動車ローンは手続きが簡単ですか、融資額は少額というデメリットがあります。

自動車担保ローンは即日融資が可能なケースもあります。一方、不動産担保ローンは融資を受けるまでに時間がかかりますので、今すぐお金が必要で即日融資を望むのでしたら自動車担保ローンを選びましょう。

無職はお金を借りる選択肢が狭くなる

説明しましたように無職では金融業者からお金を借りることは難しいです。お金を借りること自体難しいのですから、即日キャッシングというのも不可能です。

しかし、無職であったとしてもお金を借りることができて即日融資も可能なケースもあります。

無職だからといって諦めるのではなく金融機関に相談して、キャッシングが利用できないか方法を探ってみてください。

ただし、安定収入がある会社員や公務員なるに比べると審査も厳しくなりますし、借入額も希望額よりも低い額に設定される可能性が高いです。

また、安定した収入か審査するために、手続きに必要な書類も多くなりますし、審査が出るまでの時間も長くなってしまいます。

無職でお金が借りることが難しく生活が困窮しているのでしたら、生活福祉資金貸付制度などの公的制度を利用することを相談してください。

仕事ができる状態にあるのであるのならばアルバイト日雇い労働でもいいので収入を得る道を作ってください。

将来に向けて収入を得ることは必要なことですし、収入があればいたずらに借金をしなければならない状況から抜け出すことができます。

無理は禁物ですか、今できることを先送りせず実行していただきたいと思います。