無職でも借りれるサラ金があるなら

無職でも借りれるサラ金(消費者金融)でのキャッシングができるのであれば、是非知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、現実は甘くはありません。無職ですとサラ金のキャッシングはもちろん、銀行のカードローンでも審査で落ちてしまいますから、お金を借りることは不可能です。

無職であっても担保となる資産があればサラ金からお金を借りられると思うかもしれませんが、無職で収入がないのでしたら、こちらもサラ金の審査に通ることはありません。

サラ金は総量規制のより年収の1/3を貸し付けてはならないと言う決まりがありますので、もし総量規制を超えた金額を貸し付けたら罰則を受けなければなりません。

サラ金はお金を貸すことによって利益を得ますが、 無職では安定した収入がありませんから返済が滞る可能性が高いです。

貸したお金が返ってこない「貸し倒れ」をになってしまう可能性が高い無職に対してお金を貸すようなことはまずしません。

それでは無職であれば絶対にサラ金から借りることはできないのでしょうか?

無職でもサラ金からか借りられるようになるには

無職がサラ金からお金を借りれるようになるためには収入がなければなりません。

それも一時的な収入ではなく継続的に安定した収入が必要です。審査項目に年収があります。

貸付額が低くなってしまいますが、年収はさほど重要な審査項目ではありません。月々の支払いを継続的に行える経済状況であるかの指標である継続的な収入があるかが重要なのです。

つまり毎月安定した収入があるかどうかがポイントとなります。

アルバイト、派遣社員で収入を得る

サラ金で借りれるようになるためにはアルバイトや派遣社員でもいいので収入を得ることです。

派遣社員は登録するだけではダメです。実際に働いた対価として収入を得ているかが必要となります。

サラ金からお金を借りれば借金をすることになりますので、返済するためには収入がなければなりませんから働くことは必然となります。

クレジットカードのキャッシング枠

無職になる前にクレジットカードを作っているのでしたらキャッシング枠を利用できます。

クレジットカードは無職になったからといって返還を求められることはありません。新たな審査もありませんのでキャッシング枠内であれば借入が可能となります。

ただし、キャッシング枠は30万円くらいまでの少額なものが多いですし、キャッシング枠で借りたとしても借金には変わりありません。

利子も高いですからか返済額も大きくなってしまいます。無職で収入もなく、さらに貯金もない状態ですと、すぐに返済が滞る可能性が高くなってしまいます。

無職で収入がない状態で借金することは事態をさらに悪化させる可能性が高いということを忘れないでいただきたいと思います。

無職でも借りられるヤミ金だけには近づいてはいけない

人はお金が必要であるときにお金がないのであれば冷静な判断ができないものです。そのため、街中で見かけた無職でも即日融資可能と言う広告に吸い寄せられて、お金を借りようと考えてしまうかもしれません。

このような広告を出しているのは間違いなくヤミ金です。闇金は合法の金融業者でありませんので違法な高金利を取ります。

最初は少額の借入あったとしても、 利子が膨れ上がり、とても返済できない借金の額にまでになってしまうのです。

闇金業者の取り立ては本人が返済できないとわかれば家族にまで及ぶこともあります。闇金業者はどんな手段を使ってもお金を吸い取りますし、夜逃げしたとしても地の果てまでとことん追いつめます。

闇金から借金が返せなくなれば選択できることは自己破産しかなくなります。

自己破産するにも費用や手続きが必要ですし、財産を失うことには変わりありません。

これを読んでヤミ金を利用することだけは絶対にしてはならないとわかっていただきたいです。